嘘の申告は何故バレるのか

カードローン申込時には審査があります。審査では嘘の申告には要注意です。収入や勤務先、連絡先などを偽っても、バレてしまいます。また、他社での借入れ状況も必ず質問を受けますが、これも嘘をついてもバレてしまいます。

 

これらの申告状況が正しいかどうかは、意外としっかりと確認をとります。多額の借入であれば収入も書類での証明が必要ですし、勤務先もきちんと在籍しているか確認を行います。連絡先が架空のものでないかもしっかりと調べますし、他社の借入れ状況も調べられます。

 

これらの情報に嘘が無いかを調べるのは、返済能力を計る上で重要だからです。他社でたくさん借入れをしている人は返済の負担も大きい状況ですし、定住の住所がない人だとどこに逃げられるかわかりません。自分自身に収入が無ければ返済能力がないので、働いているかどうかもきちんと調べます。

 

初対面での申込みでこれらの嘘がバレるのは不思議に思うかもしれませんが、他社の借入れ情報は信用情報機関に問い合わせをすれば調べられてしまいます。住所や連絡先の情報は人間がその都度実在するかなどを調べています。申告内容をパソコンで照合するだけではわからない情報は、人間がきちんと調べているので、嘘をついてもバレてしまいます。

 

今では銀行も少額の融資でも所得を証明する書類を求めるようになっているので、嘘をつけばすぐにばれてしまい、審査にも悪影響が出ることとなります。正しく申込みを進めていれば審査に通ったかもしれない方でも、嘘の申告による審査落ちとなるケースは決して珍しくはありません。

 

銀行でのカードローン利用も大手だけでなく地方銀行カードローンでも同様であり、数十万円の申込みでも入力内容が事実と異なると、それだけで審査に悪影響を与える可能性があるので気をつけなければなりません。