カードローンの比較時の注意点

カードローンを比較するポイントには色々ありますが、その1つに金利があります。とりあえず金利は低い方が、かかる利息を抑えられます。その為、金利が低いカードローンは選ばれやすい傾向があります。ただし、金利を比較する時には、注意点が1つあります。

 

それは最低金利と最高金利の考え方です。例えば消費者金融アコムの金利は3.0%~18.0%で、プロミスの金利は4.5%~17.8%です。最低金利と最高金利があるので、一見するとどちらが得なのかがわかりにくくなっています。両者で比べると、アコムの最低金利は大幅に低いですが、最高金利にはそれ程違いがありません。そのため、カードローン利用経験がない人にとっては、アコムの方が低金利に見えるかもしれません。

 

しかし、実際には、プロミスの方が、低金利で借りられる可能性が高いです。カードローンの金利は、借入限度額が少なければ、最高金利かそれに近い金利が適用されます。カードローンでの少額の限度額とは、数万円程度の話ではなく、数十万円程度の限度額であれば、最高金利が適用される人が多いです。

 

一方、アコムやプロミスの3.0%、4.5%という金利は、数百万円という多額の限度額で契約した場合に適用される金利です。カードローンでそれだけの借入れをする人は少数なので、最高金利で比較するのが正解です。

 

金利について分からないことがあれば、契約の前にしっかりと確認をしておくと良いでしょう。アコムやプロミスなどの大手サービスなら全国に多数の店舗や契約機の設置があるため、不安に感じる方でもしっかりと確認をしながら手続きが進められるようにもなっています。

 

中でもプロミスは三井住友銀行のローン契約機の利用も可能となるためにカバーをする地域が広く、ネットで審査を終えた後ならプロミス札幌での契約のように週末の土日でも最短即日の利用開始も可能となります。

 

その日のうちに安心して納得をして借りられるので、契約機でオペレーターに確認をしながら進めるのは大手サービスだからこその良さとなります。